ウズベキスタン アトラス

ウズベキスタンの絹織物 アトラスと、ハンディクラフトコンテストのご案内です
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

コンテスト用の布について

 ウズベキスタン・アトラス ハンディクラフトコンテスト用の、郵送生地の在庫がなくなりましたので、生地郵送依頼の受付を終了いたします。
期間中、たくさんのお問合わせ、ありがとうございました。

作品の応募(送付)は2月29日(水)までとなっています。
皆様の作品をお待ち申し上げております。

作品の郵送先

東京農工大学

農学府国際技術協力支援室(コンテスト係)

183-8509 東京都府中市幸町3−5−8

電話番号 042-367-5564(電話受付は平日 午前9時〜午後5時)

E-mail      uzhand@cc.tuat.ac.jp

ハンディクラフトコンテスト

WEBからアトラスを知る

アトラスをもっと知りたい方へ。

日本のサイトからの情報量はまだまだ少ないのが現状です。
てっとり早く情報を探すには

kensaku1.JPG


または 「uzbek ikat」 で画像検索をお試しいただくのもいいかもしれません。
ikat=絣(かすり)なので、絹を含まない素朴な風合いの画像もヒットしますが、雰囲気はお分かりいただけるかと思います。
kensaku2.JPG
アトラスについて

デザイナーズアトラス

 いままで記事でご紹介したアトラスのほとんどは、鮮やかな色合いでした。
女性のドレスや服装を見ても、華やかな色柄を好む文化なのだと思います。

孔雀のように色鮮やかなアトラスがマーケットにあふれる一方で、昔ながらの染めにこだわった、いわゆる「デザイナーズ」のアトラスも作られています。

下の写真のアトラスは、くちなしなどの昔から使われている天然染料で染め上げ、デザイン・織、ともにこだわって作られた作品です。

高価で、お土産物作成の材料としては適さないので、今回のハンディクラフトコンテストでは使用しません。


【写真はクリックで拡大します。】

 


 

  

  

 
 
 
 

アトラスについて

ポーチがたくさん!!

ウズベキスタンから、アトラスのポーチがたくさん届きました。

IMG_1101.jpg

 

IMG_1102.jpg


IMG_1105.jpg



IMG_1104.jpg



壮観!!!
どれ一つとして同じ柄がない!

もう一つの私の楽しみ。

IMG_1111.jpg


ポーチのファスナーを開けると、パッキングの紙が。

IMG_1110.jpg


かわいい!!
素朴な紙質といい、色といい、柄といい。

全てのポーチに入っているわけではありませんのであしからず。
アトラスについて
ハンディクラフトコンテスト
ハンディクラフトコンテストの詳細は、こちらから
ハンディクラフトコンテストの詳細へ
PR
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode